世界糖尿病デー

11月14日は、インスリンを発見したバンティング博士の誕生日にちなんで、「世界糖尿病デー」と制定されています。

11月11日に松山市大街道商店街で開催された世界糖尿病デーのイベントに、当科からも多数の医師が参加しました。

血糖測定や筋力測定、看護師によるフットケア、医師・薬剤師による健康相談や栄養相談を行いました。

ブルータオルを使った体操も毎年おなじみです。

11月14日にはくるりん、松山城もブルーにライトアップされました。

このような市民への啓発活動も、継続して行っていきたいと思います。